スマートフォン用の表示で見る

ロッテジャイアンツ

スポーツ

ロッテジャイアンツ

ろってじゃいあんつ

韓国プロ野球の球団。

釜山に本拠地を置く。

日本の千葉ロッテマリーンズとは兄弟球団の関係。

そのせいか、マスコットキャラクターは日本と瓜二つ。

中国ホープスターズと業務提携を行っている。

沿革

  • 1982年、菓子メーカーのロッテ韓国に進出し、創立時より参入。「ロッテジャイアンツ」となる。
  • 1983年、初優勝を果たす。
  • 1992年、2度目の優勝・韓国一を果たす。
  • 21世紀に入って2004年まで4年連続最下位と低迷。
  • 2005年、最下位を脱出し、5位に浮上。だがその後2年連続7位と低迷。
  • 2008年、韓国プロ野球史上初の外国人監督、ジェリー・ロイスターが就任。

選手

徳将姜秉徹が3度にわたり指揮を執った。

過去には投手崔東源?、巧打の二塁手朴正泰、俊足の外野手田俊昊らが在籍。日本プロ野球界経験者では、鴻野淳基や光山英和?ロベルト・ペレス、ボイ・ロドリゲス、天野勇剛などが在籍し、白仁天も監督として指揮を取ったことがあった。

現在は強打者李大浩、エースの孫敏漢?が在籍し、2008年にはかつてクリーンアップを打った馬海泳が復帰している。日本プロ野球経験者ではカリーム・ガルシアが在籍。

その他

本拠地は、釜山社稷球場。

釜山唯一のプロ野球球団であり、観客の熱狂的な応援は他球団の追随を許さない。試合中には「釜山港へ帰れ」「釜山のかもめ(プサンカルメギ)」などが歌われることでも、一部の野球ファンには有名。