スマートフォン用の表示で見る

愛染恭子

アイドル

愛染恭子

あいぞめきょうこ

1958年千葉生まれ。日本初の「本番女優」。

81年映画「白日夢」で衝撃デビュー。山本晋也監督の「未亡人下宿」シリーズで一世風靡ポルノ映画、ストリップ界などで、「女王」として君臨する。84年には、ビデオの処女喪失シーンを撮影するため、処女膜?の再生手術を受けて話題に。

94年にポルノから引退し、「女優」「セックス・カウンセラー」へ。近年は監督業へも進出。