スマートフォン用の表示で見る

安珍

読書

安珍

あんちん

娘道成寺に出てくる修行僧。一泊を乞うた家の娘・清姫に言い寄られ、契りを交わすが、翌朝この家を逃げ出し、怒った清姫が蛇体に変化し、追いかけられる。道成寺の鐘に身を隠すが、清姫はこの鐘に巻きつき、安珍を焼き殺し、清姫も死ぬ。