奥本大三郎

奥本大三郎

(読書)
おくもとだいざぶろう

1944年3月6日(啓蟄の日)生まれ、大阪府出身。
東京大学仏文科を卒業・同大学院修了、横浜国立大学助教授を経て、現在、埼玉大学教授。日本昆虫協会会長。
ジュニア版『ファーブル昆虫記』(集英社/全8巻)の訳者として名高い。

著書

  • 『虫の宇宙誌』 青土社
  • 『本を枕に』 集英社
  • 『壊れた壺』 集英社
  • 『考える蜚蠊(ごきぶり)』 ベネッセ
  • 『当世虫のゐどころ』 新潮社
  • 『読書百遍』 TBSブリタニカ
  • 『虫権利宣言』 (昆虫写真家・海野和男との共著) 朝日新聞社
  • 『楽しき熱帯』 集英社
  • 『虫のゐどころ』 新潮社 
  • 『楽しい昆虫採集』 (岡田朝雄との共著) 草思社
  • 『斑猫(ハンミョウ)の宿』 JTB
  • 『捕虫網の円光〜標本商ル・ムルート伝〜』 平凡社
  • 『虫の春秋』 ちくま文庫
  • 『百蟲譜』 平凡社ライブラリー
  • 『虫屋の落とし文』 小学館ライブラリー
  • 『干支セトラ、etc.』 岩波新書

など

新着ブログ: 奥本大三郎