スマートフォン用の表示で見る

岡崎郁

スポーツ

岡崎郁

おかざきかおる

プロ野球読売ジャイアンツの選手・コーチ。

右投左打、ポジションは遊撃手三塁手背番号は45→5番。

1961年6月7日生まれ。大分県出身。

大分商業高校3年時に、夏の甲子園に出場しベスト8進出。

大学進学希望も1980年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。

1984年、肋膜炎で療養生活を送り、内臓疾患で練習生扱いとなる。

6年目となる1985年、95試合に出場し控えの内野手として一軍に定着。

オープンスタンスでの勝負強いバッティングから篠塚二世と呼ばれた。


1989年、藤田元司監督の下、三塁手の定位置を獲得。下位を打ちリーグ優勝日本一に貢献した。

1990年も活躍し、セ・リーグ連覇に貢献。ゴールデングラブ賞獲得。


応援歌のメロディは秀逸であり、人気が高かった。


1995年以降は持病の腰痛・背筋痛に悩まされ、出場機会が減少。

1996年、現役引退。

その後、TBSニッポン放送野球解説者に就任。

また、東京都千代田区JR水道橋駅前に焼肉屋「香おる」*1を経営した。

2004年、ニューヨーク・ヤンキースの1Aにコーチ留学。


2006年、読売ジャイアンツの二軍打撃コーチに就任。

同年6月、スコアラー登録され一軍に昇格。

2009年から読売ジャイアンツ二軍監督就任。

*1:現在は経営者が変更し、「ドーム」と店名変更されている。