スマートフォン用の表示で見る

加藤初

スポーツ

加藤初

かとうはじめ

1972年1990年のプロ野球選手。 通称「鉄仮面」。

右投右打、ポジションは投手背番号は11→21番。

1949年昭和24年)12月20日、生まれ。2016年平成28年)12月11日、死去。

静岡県出身

吉原商業高校から亜細亜大学に進学も中退。大昭和製紙入社

1972年ドラフト外西鉄ライオンズに入団。1年目より一軍で活躍、17勝を挙げ新人王を獲得。河村英文の薫陶を受け、若きエース投手としてライオンズを支えた。

1976年関本四十四玉井信博との2対2の交換トレードで、伊原春樹と共に読売ジャイアンツに移籍。小林繁新浦壽夫と共に「三本柱」を確立。同年15勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献した。

その後も1970年代後半から1980年代にかけて、ジャイアンツの先発投手として活躍。牽制球の上手さでも有名となった。

1988年、アンダースローに転向。1989年、投手コーチ兼任となる。

1990年、現役引退。フジテレビニッポン放送野球解説者となる。

1995年、古巣西武ライオンズの一軍投手コーチに就任。

2001年、二軍投手コーチに転じ、同年、退団。

その後は野球解説者の側ら、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手として活躍。

2004年、台湾プロ野球La Newベアーズ投手コーチに就任。

2005年、韓国プロ野球SKワイバーンズ投手コーチに就任。

2006年、LGツインズに移籍し、投手インストラクターに就任。

2011年、退団し帰国