スマートフォン用の表示で見る

外木場義郎

スポーツ

外木場義郎

そとこばよしろう

プロ野球広島東洋カープの選手。

右投右打。ポジションは投手背番号14。

1945年6月1日、鹿児島県生まれ。

鹿児島県出水高校から九州電気通信局を経て1964年広島東洋カープへ入団。

1965年10月2日の阪神タイガース戦でノーヒットノーランを達成し、初勝利を飾る。

1968年最優秀防御率のタイトルを獲得。

9月14日の大洋戦では2度目のノーヒットノーラン完全試合で飾っている。

1972年4月29日の読売ジャイアンツ戦で3度目のノーヒットノーランを達成し、沢村栄治の記録に並んだ。

1975年にはカープを悲願の初優勝に導いている。

1979年カープ黄金時代を見届けつつ、現役引退。

引退後は、広島東洋カープ投手コーチ、、オリックス・ブルーウェーブ投手コーチを務める。

現在はRCC野球解説者の傍ら、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手として、

さらにアマチュア野球界の指導者として監督業に携わっている。

2004年、25年ぶりの自由契約選手*1として話題となった。

*11979年に「任意引退」として届けているが、アマチュアの指導者となるために、自由契約となる事を希望し、受理された。