機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛

アニメ

機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛

きどうせんしぜーたがんだむすりーほしのこどうはあい

2006年3月4日に劇場公開されたアニメーション映画。

アニメ機動戦士Ζガンダム』の劇場版三部作の最終章。単なる総集編でなく「A New Transration(新訳)」として制作された。ストーリー的にはテレビシリーズの第33話〜最終回第50話を再編集したもので、新作シーンの追加や映像のデジタル処理などにより物語の再構成が行われている。そのラストはテレビ版とは異なる。

劇場版第一部の『機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者』は2005年5月28日、第二部の『機動戦士ΖガンダムII 恋人たち』は2005年10月29日に公開された。

あらすじ

宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混迷を極めていた。連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、エゥーゴを指揮する立場となったクワトロシャア)、ティターンズを我が物にしようと目論む“木星帰りの男”シロッコ、そして「ザビ家」復興を掲げるジオン軍残党“アクシズ”の指導者ハマーン・カーン。三つの勢力の地球圏の覇権を賭けた、政略と軍略が絡み合い、戦局は、巨大レーザー砲へと改造されたスペースコロニーグリプス2を巡る最終局面へと突き進んでいく。

戦場では、人々の愛情と憎しみが交錯する。エゥーゴを離れ、ティターンズシロッコの下へ身を寄せる女レコア。シロッコを慕いながらも、エゥーゴカミーユたちに惹かれる少女サラ。そんな人々の想いを受け止め、Zガンダムは、混迷の戦場を飛ぶ。

そして、ついにカミーユは知る。Zガンダムの持てる力で倒すべきは誰なのかを――。戦火の果てにカミーユを待ち受ける運命は!?

http://www.z-gundam.net/z3/staff/story.html

スタッフ

キャスト

掲載順はスタッフロールに従った。

主題歌

エンディングテーマ「Love Letter」「Dybbuk」
作詞・作曲:Gackt.C / 歌:Gackt