スマートフォン用の表示で見る

義太夫節

アート

義太夫節

ぎだゆうぶし

浄瑠璃節の一。初世竹本義太夫宇治加賀掾(かがのじよう)など古浄瑠璃各派の芸風や当代流行の各種音曲を取り入れ、新感覚で統一し、1684年の竹本座旗揚げ公演より語り出したもの。のち門人豊竹若太夫が独立して竹本・豊竹二座に分かれた。大いに盛行し、浄瑠璃といえば義太夫節をさすほどに流布した。義太。

三省堂提供「大辞林 第二版」より