スマートフォン用の表示で見る

吉原治良

アート

吉原治良

よしはらじろう

画家。1905-1972

大阪に生まれ、高校在学中に独学で油絵を始めた吉原は、1925年関西学院高等商業学部入学の頃に芦屋へ転居した。

1928年に初個展を開くが、それらを見た藤田嗣治から、他人の影響がありすぎる点を指摘され、オリジナリティの重要性にめざめる。1934年、第21回二科展に初出品した作品5点がすべて入選して注目され、1938年には二科会内の先鋭な画家たちによる九室会の結成に参加、1941年に二科会員となった。

戦後は1948年芦屋市美術協会の設立に尽力し代表に就任。新しい美術をめざした関西一円の若い世代の画家たちが、吉原の助言を求めて多数訪れるようになり、それを基として1954年に具体美術協会を結成。リーダーとして同会の活動の展開に力を注ぐと同時に、画家としても自身の過去にとらわれない表現を積極的に探り、1960年代後半に「円」の作品群で高い評価を得た。