救済合併

一般

救済合併

きゅうさいがっぺい

企業救済を目的とした合併。概ね、債務超過した企業を別の企業が吸収合併する形で行われる。

かつて、護送船団方式が機能していた時代には、経営危機に陥った銀行は大蔵省の指導によって他行による救済合併を受けることが慣わしとなっていた。