共有地の悲劇

一般

共有地の悲劇

きょうゆうちのひげき

Tragedy of the commons

1968年にギャレット・ハーディンが論文を発表。

競合性がありオープンアクセスな(つまり排除不可能な)「共有地」において実現される社会的均衡が、望ましい均衡をはるかに超過し、資源を過剰に利用してしまう事態。

これを回避する知恵として「コモンズ」や「入会(いりあい)」といったシステムがよく指摘される。

財の分類

競合非競合
排除可能私的財クラブ財
排除不可能共有財純粋公共財

財の例

競合非競合
排除可能私物高速道路
排除不可能海産物・共有地・森林・大気・公園防衛・公道外交