スマートフォン用の表示で見る

局地戦闘機

一般

局地戦闘機

きょくちせんとうき

日本海軍軍用機の分類で、軍港や航空基地などの要地の防衛を任務とする迎撃機。局戦。

陸上基地で運用される。

爆撃機の撃墜を主目的としており、速度、上昇力、重武装が優先され、旋回性能や航続性能はさほど重視されなかった。


敗戦までに「雷電」、「紫電」、「紫電改」が実用化された他、ユニークなエンテ型の「震電」が初飛行に成功していた。

海軍命名規則により任務記号は「J」が用いられ、名称の接尾文字は「電」とされた(例:J2M「雷電」)。