スマートフォン用の表示で見る

琴浦

地理

琴浦

ことうら

鳥取県東伯郡琴浦町

もともとは東伯郡東伯町(とうはくぐん とうはくちょう)と赤崎町(あかさきちょう)の2町が合併して生まれた町。

鳥取県の中部のやや西よりに位置し、日本海側に面する。

この、日本海側の海岸を琴浦と言っていたのが、この町名の起源とされる。

元赤崎町にあるポート赤碕があり、ここに石のかざぐるまや、日韓友好の碑が設置してある。

ポート赤碕は道の駅で、近くの赤碕漁港などでとれる魚が販売されていたり、近隣で生産されたあぐり赤崎では野菜などの農産物が販売されている。

元東伯町は農業が盛んで、特徴のある生産物としては、芝があり、また酪農もさかんで東伯牛や牛乳などがある。