スマートフォン用の表示で見る

金田一春彦

読書

金田一春彦

きんだいちはるひこ

国語学者;邦楽研究家 (1913-2004)

1913年(大正2年)4月3日生 出生地:東京市本郷(現・東京都文京区)

東京帝国大学国文科〔昭和12年〕卒

言語学者・金田一京助の長男。京都産業大学教授、名古屋大学教授を経て、昭和34年東京外国語大学教授。45年学園紛争で辞任、49〜59年上智大学教授、のち武蔵野女子大学教授などを歴任。方言、アクセント、音韻史を専門とする言語学者で、日本の童謡にも深い関心をもつ。52年NHK放送文化賞、57年度芸術選奨文部大臣賞など受賞。平成13年東京都名誉都民に顕彰される。昭和57〜60年国語学会代表理事もつとめた。また、「平家物語」及び平曲の研究家としても第一人者で、自ら平家琵琶も演奏する。平成9年には平家琵琶の譜の読み方、奏法、解説、歴史などを説いた「平曲考」を刊行。10年初の作曲集「白いボート」を刊行。ほかに「明解国語辞典」はじめ、「十五夜お月さん」「日本語方言の研究」「日本語セミナー」(全6巻)「日本語〈上・下〉」「日本語音韻音調史の研究」「日本語のこころ」、エッセイ集「ケヤキ横丁の住人」など著書多数。15年より「金田一春彦著作集」(全12巻・別巻1,玉川大学出版部)が刊行される。クイズ番組カラオケ大会などテレビにも出演。平成8年山梨県大泉村(現・北杜市)に方言に関する図書や自筆の研究ノートなど約2万点を寄贈、10年同村にそれらを収蔵した金田一春彦ことばの資料館が開館した。

2004年5月19日午前11時10分、甲府市内の病院で、くも膜下出血で死去。享年91歳。