スマートフォン用の表示で見る

元木大介

スポーツ

元木大介

もときだいすけ

90〜00年代のプロ野球読売ジャイアンツの選手。現・解説者兼タレント。通称「曲者」、「モッキーナ?」。

右投右打、ポジションは内野手背番号37→2番。

1971年12月30日生まれ、大阪府出身。血液型O型

上宮高校時代は4番ショートで活躍。1989年夏の甲子園で2打席連続ホームランを放つ。

読売ジャイアンツ入団を希望していたが、1989年度のドラフトジャイアンツが1位指名したのは大森剛だった。

福岡ダイエーホークス野茂英雄の外れ1位として指名してしたが、入団を拒否。ハワイに渡航。

1年間の浪人生活のすえ、1990年ドラフト1位として読売ジャイアンツに入団。

2年目の1992年より一軍に出場。入団当初は高校時代の大砲のイメージを捨てきれず苦労、伸び悩んだ。

1995年、篠塚和典の後釜として二塁手に定着。

持ち合わせのセンスが開花。相手に嫌がられる曲者のイメージがすっかり定着した。

また、隠し球の名手としても鳴らした。

2002年以降は主に代打として活躍。


2005年、現役引退。

現在は、TBSラジオの野球解説者の傍らタレント活動を行っている。

また、モルツ球団にも参加。

夫人はフリーアナウンサー大神いずみ

 

リスト::野球選手