呉越同舟

一般

呉越同舟

ごえつどうしゅう

仲の悪いもの同士が同席する状態を表す言葉。四字熟語

中国春秋時代に呉と越が骨肉の争いを繰り広げたことに由来する。

出典は「孫子」九地篇に「夫れ呉人と越人は相悪む也、其の舟を同じくして済り風に遇うに当りては、其の相救う也、左右の手の如し」とあるのにより、本来は「仲の悪いものでも共に遭難すれば助け合う」ということ。