工工四

音楽

工工四

くんくんしー

琉球音楽を採譜するのに使う記譜法。沖縄民謡三線楽譜そのものを指す事も多い。

漢字で縦書き。

18世紀に屋嘉比朝寄が中国の工尺譜を参考に始めたと言われているが、それ以前から楽譜は存在していたらしい。音程を示すのではなく、弦を押さえる指使いを示している様だ。