スマートフォン用の表示で見る

江上波夫

読書

江上波夫

えがみなみお

1906年、東京生まれ。考古学者、東洋史学者、民族学者。

1930年、東京大学文学部東洋史学科を卒業。東方文化学院研究員として、戦前戦中にかけてモンゴル遊牧地帯を実地調査する。

1948年、騎馬民族征服王朝説を公にして、天皇日本の伝統的な王家であると信じてきた日本人に衝撃を与える。

その後、アジア各地で発掘調査を指揮し、戦後の国際文化交流に尽力する。1991年、文化勲章を受章。東京大学名誉教授、古代オリエント博物館館長、日本オリエント学会会長などを歴任。

2002年、逝去