スマートフォン用の表示で見る

荒木貞夫

一般

荒木貞夫

あらきさだお

陸軍軍人。陸軍内のロシア通として知られた。陸軍皇道派の中心人物

1918(大正7)年 シベリア出兵に際して特務機関長派遣軍参謀として反革命軍を援助。

1931(昭和6)年 犬養内閣陸相に歴任。

1938(昭和13)年 第1次近衛内閣の文相。徹底した軍国主義教育を推進。

1939(昭和14)年 内閣参議。

敗戦後、極東裁判A級戦犯として終身刑を宣告されたが、病気で仮出所し、その後釈放された。