荒木貞夫

(一般)
あらきさだお

陸軍軍人。陸軍内のロシア通として知られた。陸軍皇道派の中心人物
1918(大正7)年 シベリア出兵に際して特務機関長、派遣軍参謀として反革命軍を援助。
1931(昭和6)年 犬養内閣の陸相に歴任。
1938(昭和13)年 第1次近衛内閣の文相。徹底した軍国主義教育を推進。
1939(昭和14)年 内閣参議。
敗戦後、極東裁判でA級戦犯として終身刑を宣告されたが、病気で仮出所し、その後釈放された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ