講武所

社会

講武所

こうぶしょ

日本の幕末江戸幕府が設置した武芸訓練機関。諸役人、旗本御家人、及びその子弟が対象で、剣術をはじめ、洋式調練や砲術などを教授した。安政3年(1856年)に老中阿部正弘築地鉄砲洲に講武場として開設、後に神田小川町に移転した。