高橋信二

スポーツ

高橋信二

たかはししんじ

プロ野球選手。電光掲示板では「高橋信」と表示される。

右投右打、ポジションは捕手内野手背番号は62→30→2→31→6番。

1978年8月7日生まれ。岡山県出身。

津山工業高校から1997年ドラフト7位で日本ハム・ファイターズに入団。

応援歌でも「美作男児の心意気 進め誇り高く」と歌われている。

2003年、正捕手の座を勝ち取り、2004年からは本塁を守り続けている。

2006年、鶴岡慎也らとのポジション争いもあり、出場機会が減少。

千葉ロッテマリーンズ戦に強く、活躍を見せる。

2007年は打撃で練習の成果が現れ、坪井らと一緒にベテランの意地を見せる事が多くなった。

2008年度から、小笠原がつけていた「2」番を継承し、記者会見でも恐れ多いようなことを言っていたが、2番と言えば高橋と呼ばれるようになりたいと決意を新たにした。

梨田監督就任後は、試験的にファーストを守ったり、4番に入ったりと、新しいチーム作りに伴い新しい可能性を試している。打者としてはここ一番のホームランといった打撃力も見せ、今年の飛躍も見逃せない。

鶴岡いわく、「シンジさんが「必要な時だけマウンドに行け。あとは俺がいくから」と言ってくれるので非常に楽」だそうである。(ファイターズマガジン2008年6月号参照)

2011年開幕前に頭部への死球による負傷に加え、右の切り札に二岡、長距離砲のファーストにホフパワーが起用されるようになると、出場機会が激減した。

2011年シーズン途中に、金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。翌年、オリックス・バファローズへ移籍。