高坂希太郎

アニメ

高坂希太郎

こうさかきたろう

アニメーターアニメーション監督。

1962年2月28日生まれ。東京都出身。

高校在学中からアニメーションの世界へ入り、主にテレコムアニメーション?マッドハウスを中心に活動。様々な作品に原画、作画監督として参加する。

YAWARA!』『MASTERKEATON』など漫画家浦沢直樹原作の作品がアニメ化された際には、作画監督キャラクターデザインといった中心的な存在として活躍し、その画力は原作者である浦沢直樹本人にも多大な影響を与えた。

近年ではスタジオジブリの劇場用作品『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』で作画監督を務め、2003年7月には宮崎駿から推薦された漫画家黒田硫黄のコミック『茄子』の一篇『アンダルシアの夏』をアニメーション化した劇場用監督作品『茄子 アンダルシアの夏』を発表。監督・脚本・キャラクターデザイン作画監督全てを高坂一人でこなした渾身の力作であり、第54回カンヌ国際映画祭において正式上映された*1

2004年、久々にアニメ化される浦沢直樹原作の漫画『モンスターMONSTER)』のキャラクター原案を担当することでも話題になっている。

*1:日本アニメ映画が正式上映されるのは今回が初めて