紺田敏正

スポーツ

紺田敏正

こんたとしまさ

プロ野球選手(外野手)、指導者。1980年8月12日生まれ、富山県砺波市出身。

2003年に日本ハム・ファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年のアジアシリーズでは、森本稀哲新庄剛志の後任でセンターを守ることになり、レフトを守った。

足が速いという定評もあり、ファイターズ野球では得点圏代走として起用されることも多い。2007年では、金子洋平や糸井の起用もあって、外野手としてスタメンでの出場はあまりなかった。守備もしくは代走要員としての役割になっているが、試験的にスタメンでのレフトを守っていた。

2008年に梨田体制になると、レフトの空席争いに糸井や工藤と一緒に出てくるようになり、待望のプロ初ホーマーを放つなど秘められた可能性が見えてきている。

2011年須永英輝とともにウィルフィン・オビスポとのトレードで読売ジャイアンツに移籍。新天地ではまず一軍ベンチ入りを期待したい。

2012年、北海道日本ハムファイターズに復帰。同年オフ、現役引退

2013年、北海道日本ハムファイターズの二軍外野守備走塁コーチに就任。


経歴

年度所属背番号備考
1993-1996高岡商業高校-甲子園出場なし
1999-2003国士舘大学-東都二部リーグ首位打者
2003-2010日本ハム・ファイターズ
北海道日本ハムファイターズ
522002年ドラフト6位
2011読売ジャイアンツ44ウィルフィン・オビスポとのトレードで移籍
2012北海道日本ハムファイターズ67トライアウトによるテスト入団。