魂のアソコ

映画

魂のアソコ

たましいのあそこ

山田花子の漫画作品を、ジーコ内山が映画化。

紹介

92年5月24日、自殺した漫画家山田花子の原作を10年の歳月をかけ、友人だった俳優・演出家のジーコ内山が映画化。制作・脚本・監督・撮影・編集などすべてを手掛ける。

わがままな男ケンジに廃人演説家「鳥肌実」を抜擢、薄幸のヒロイン・ルリコに前衛画家「立島夕子」を起用。

精神の病の漫画家ルリコは得体のしれない男ケンジを愛しているが、どんどん不幸と病が加速してゆく。映画史上、最低最悪の狂人カップルの壮絶な愛の行方はどこへ?魂のアソコとは何?

出演は他に、大ブレイク中のバンド「氣志團」の綾小路翔、「ゲヴィル」の 蛇道廣純?バカ映画の巨匠・なにわ天閣?、裏コレクター・渡辺亮介?など、豪華で多才な顔ぶれがスクリーン狭しと狂いまくる!まさにインディーズサブカルチャーの超豪華版シネマなのだ。