スマートフォン用の表示で見る

佐藤信淵

サイエンス

佐藤信淵

さとうのぶひろ

明和6(1769)〜嘉永3(1850 )年。江戸後期の経世家〈;→ 江戸「東京」改称を提案した!〉で農政学者。また地学の前段階ともいえる、鉱物学やそれに伴う地層学の研究家としても日本史上、傑出した人物である。いま「山師」とか「山勘」とか「山を当てる」あるいは「望気術」という表現の数々は、(それは道教漢方医学が遠祖だが殊、日本においては)佐藤家の影響が甚大である。

●字は元海、通称は百輔。

出羽雄勝郡馬音内うまれ。(現在の秋田県雄勝郡羽後町。)

●但し、生誕地には二説あって、もう一つは羽後町郡山下郡。現在「佐藤信淵先生誕生之地」碑と「郡山信淵文庫」がある。前者;同町西馬音内裏町にも「佐藤信淵誕生地」碑はあり、近くの寶泉寺は佐藤家の菩提寺で、又川原田公園にもう一つの「信淵文庫」がある。

天明3 (1783) 年に、今夏(2004年)も爆発再開の、浅間山が噴火している。信淵14歳の時である。

天明5 (1785) 年、信淵16歳にして父;信季を失う。信淵が13歳の頃より奥羽、関東など諸国遊学の際、同行を許してくれた教育熱心な好い父であった。

●佐藤家は秋田藩士として代々鉱山農業の学問を研究してきた家系であった。また、信淵がまだ幼児の頃、平賀源内秋田へ訪れて来ている。阿仁鉱山の鉱脈調査を依頼されたためだった。百科全書的天才の平賀源内は、小田野直武と出会い、蘭画(=洋画)の技法を伝授して「秋田蘭画」を根付かせた。この源内の学問スタイルが信淵に大きく影響したのは間違いない。

●信淵は父;信季の死後、その遺言により江戸へ出て、蘭学本草学を宇田川玄随に、儒学を井上仲竜、天文地理を木村泰蔵らに学び、更に諸方を遍歴して見聞を広め、諸藩に出入りして説を講じた。暫く上総大豆谷に閑居して著述をしていたが、再び江戸に出て幕府神道方;吉川源十郎に入門し、更に47歳の時7歳年下の平田篤胤に師事。そして農政・物産・海防・兵学など多くの論説を著し、重商主義・絶対主義的な「国家社会主義」の構想を説いた。江戸「東京」と改称し都を置く、二都制をも提唱した。国学の古道説に西洋天文学を交えた宇宙論哲学的基礎として、農政経済論を説き、空想的な社会改革論を展開した。

●主著=『山相秘録』『農政本論』『経済要録』『復古法』『防海策』『天柱記』『混同秘策』『天地鎔造化育論』など。

●後半期には本多利明と共に、荻生徂徠において提起されたような封建制の制度改革案が、ヨ−ロッパの中央集権国家にヒントを得て、更に大規模な形で展開された。こうした制度改革の構想は、封建政治の多元性を克服せんがため、強大中央集権政府の樹立を目ざし、その結果必然、絶対主義へと突き進んで行った。維新以降の日本のポリティカルな思想としては、西郷隆盛征韓論や、尊王論尊王攘夷論よりも、遥かに重要である。しかし勿論、その「世界を混同する」ユ−トピア構想は、「易も漢方帝釈天さえも全部日本が原産で、中国だのインドだのは中興させただけ」とする師匠平田篤胤の逆ギレ版「本地垂迹説」に則っており、他の大人しい矢野玄道・権田直助・大国隆正といった門人に比べれば、信淵のみやたらと「真に受けた」面白みがある。

●同時期の科学者には他に伊能忠敬(1745〜1818年)の大幅に年下な師匠高橋至時(1764〜1804年)などが居る。また文学であるが、滑稽本十返舎一九(1765〜1839年)や、読本の曲亭馬琴こと滝沢解(1767〜1848年)とほぼ同世代な訳だ。更には佐藤一斎(1772〜1859年)も同時期だが、この人は江戸陽明学者であるため交流は無さそうである。

●現在、秋田県雄勝郡羽後町には「佐藤信淵神社」なるものまで出来てある。極端な右翼系の復古神道などではなく、「頭のよくなる神社」としてPOPな「小-道真」みたいな祭られ方だ。