斎藤ノブ

音楽

斎藤ノブ

さいとうのぶ

パーカッション奏者、音楽プロデューサー

1950年11月6日生まれ。京都府出身。


1970年下田逸郎とともに「シモンサイ」を結成しデビュー。

その後、スタジオミュージシャンとしての活動のかたわら、ティン・パン・アレーサディスティックスなどの作品にも参加し、活動の幅を徐々に広げていく。

その後、1980年今剛林立夫らと「PARACHUTE」を、1983年には新川博松原正樹らと「AKA-GUY」を、さらに1989年には村上”ポンタ”秀一小林信吾らと「NOBU CAINE」を結成し、それぞれ作品をリリースしている。


その間、売れっ子のセッションミュージシャンとしても活躍し、主な参加アーティストとしては、角松敏生松任谷由実中島みゆき稲垣潤一SING LIKE TALKING等、無数のレコーディングやライブ等に参加している。


また、サウンドプロデューサーとしても、吉弘千鶴子西田ひかるなどの作品を手がけ、高い評価を得ている。


ブラウン管への露出も多く、「イカ天」の審査員や、「タモリの音楽は世界だ」などにもレギュラー出演していた事がある。


最近の活動としては、陣内大蔵野呂一生らとの「Vibes」、藤井尚之後藤次利との「Non Chords」など、現在も精力的な活動を続けている。