スマートフォン用の表示で見る

三線

音楽

三線

さんしん

琉球王国の版図である現在の沖縄県奄美群島を中心に長く用いられてきた弦楽器中国福建省の三弦が伝わり成立した。16世紀頃沖縄から堺に伝わった三線三味線の起源となった。

琉球民謡象徴である楽器であり、沖縄民謡琉球民謡との縁は深い。

(本土の)三味線よりも小ぶりなサイズで、胴にはニシキヘビの皮が張られている。CFCにチューニングすることを本調子、CGCにすることを二揚げと呼ぶ。ほかに一揚げ、三下げなど。

沖縄本島および先島系では爪とよばれる水牛などの角で作られた道具を指にはめて弾くが、奄美系の演奏方法では長細い棒状の竹でつくられたバチを指で挟んで奏でる。