三大国家資格

社会

三大国家資格

さんだいこっかしかく

三大国家資格

三大国家資格とは、我が国において最難関とされる国家資格の総称である。

あくまで通称・俗称であって、明確な定義はない。

我が国においては、医療司法経済の三資格より、医師弁護士公認会計士を指す場合が多い。

また、医師は他の国家資格と性格が異なる事を考慮し、弁護士公認会計士不動産鑑定士を指す事も多く見られる。

その他、弁護士公認会計士弁理士

あるいは、医師弁護士・1級建築士を指す場合も稀に見られる。

近年、司法試験公認会計士試験の制度が改正され、税理士司法書士と言った資格を三大国家資格に入れるべきではないか?という声が出ることがあるが、弁護士公認会計士税理士法3条により税理士となる資格を有しており、また、弁護士司法書士業務の全てを、公認会計士設立登記業務の一部が可能であると一般に解されているため、両者について三大国家資格と呼ぶのにはやや違和感がある。