スマートフォン用の表示で見る

三里塚闘争

社会

三里塚闘争

さんりづかとうそう

1960年代を中心に日本の千葉県成田市の農村地区名称である三里塚とその近辺で行われた成田国際空港建設に反対する闘争とそれに関連する事柄のことを指す。「成田闘争」とも呼ばれる。当初は地元住民主体だったが、後に新左翼団体が介入するようになった。