スマートフォン用の表示で見る

山陽放送

一般

山陽放送

さんようほうそう

岡山にあるテレビ・ラジオ局山陽新聞社が系列メディアである。

最近では、香川県豊島を中心とした瀬戸内産廃問題におけるスクープと、その継続的な報道でよく知られている。

また、一連のさぬきうどんブームも、この放送局のテレビ人気情報番組『VOICE21』から火が付いた。

更に、1960年代にFM放送局を自社で立ち上げようとしていたこともある。

(1970年に予備免許を取り下げ、この計画は断念するが、この事が、岡山県域の民放FM開局を大きく遅らせる遠因となった。しかし、現在のRSKFM岡山の大株主でもある。)

この影響からか、昔から音楽番組の制作にも定評があり、かつてはラジオ洋楽ワイド番組『SUNDAY BEST』やテレビ音楽番組『ミュージック・ショットガン』など、地方発ではあるが、充分全国レベルで通用する番組を制作していた。

現在でも、テレビの放送終了後にフィラーBGMを流している『オールナイトウェザー』が、選曲の良さで瀬戸内エリアの深夜族には隠れた人気がある。

略歴と施設について

1953年10月1日に*1ラジオ山陽として開局。

テレビ放送は1958年6月1日に開始。

最初は表町にある天満屋の別棟*2を間借りして放送していたが、

1962年、丸の内に放送会館が落成。現在までこの社屋から放送をおこなっている。

関連施設にRSKバラ園やメディアコムがあるが、いずれもたまに公開放送の場所として用いられる程度。

バラ園は観光施設として、メディアコムは企業への賃貸や自社関連のカルチャーセンターとして機能している。

ネットワーク関係

テレビは開局以来、TBSとのネットワーク関係を結んでいて、JNNには当時から参加。

一方、ラジオはつい最近まで岡山香川を同一地域として考えられていた為、長年、TBSラジオがキーのJRN系列単独だった。

しかしRSKの財政難とJRNネット番組のスポンサー減少から、'97年10月よりニッポン放送文化放送キーのNRNにも加入。『オールナイトニッポン』の放送はこの時期よりおこなっている。

放送区域とチャンネル・周波数

  • テレビの放送区域

岡山県香川県の両方となるので、事実上、この地域では最大の民間放送局になる。

→せとらんど

JOYR-TV 11ch:金甲山(岡山本局)

6ch:笠岡・新見

7ch:津山・児島

38ch:総社

61ch:井原・備前

29ch:前田山(高松局)

48ch:西讃岐

49ch:小豆島

1980年に日本初の”県内同一周波数オンエア”になっている。

現在は岡山県域放送だが、昔のTBS単独ネットの名残と、親局の出力が10KWと大きいことから、

香川県や関西各地・広島などでも『アクセス』などTBSの人気ネット番組を目当てによく聴かれている。

JOYR 1494KHz:岡山(RSKバラ園)・高梁津山・新見・落合笠岡備前

*3

*1:隣の香川県にある西日本放送と同日

*2:現在の天満屋バスステーション

*3:このうち岡山本局と高梁局はAMステレオ放送である。