スマートフォン用の表示で見る

四條畷市

地理

四條畷市

しじょうなわてし

大阪府東部の市。四条畷とも書くが正しいのは四條畷

人口

約5.7万人(2005年現在)

これは大阪府下の市で最低。

面積

18.74km2

歴史

市の歴史は遥か旧石器時代にまでさかのぼります。縄文弥生時代を経て平安時代に入ると市内を南北に走る東高野街道に沿う交通の要衝地となりました。南北朝の頃には南朝方の楠木正行北朝方の高師直・師泰がこの地で激戦を交え、のちに「四條畷の合戦」*2と呼ばれました。(市HPより引用)

その他

市の木
クスノキ
市の花
サツキ

*1学研都市線には四条畷という駅があるがこれは隣の大東市にある

*2四條畷の戦いの項参照