姉崎正治

読書

姉崎正治

あねざきまさはる

1873〜1949。京都浄土真宗仏光寺絵師の家柄に生まれる。『滝口入道』の高山樗牛と共に『帝国文学』を創刊、ドイツベルリンで4年間の留学中にドイッセンとオルデンベルヒに学び、パーリ語経典と漢訳阿含の比較対照に基づく「根本仏教」を提唱した日本宗教学の祖。大親友の高山樗牛に感化されて姉崎自身も樗牛の喀血死後、国柱会に接近、この国柱会の主宰者;田中智学に教えを乞う。そして東大宗教学講座の初代担任教授となる。