スマートフォン用の表示で見る

七卿落ち

一般

七卿落ち

しちきょうおち

1863年(文久3年)、薩摩藩会津藩などの公武合体派が画策した八月十八日の政変で失脚した尊王攘夷派の7人の公家京都を追放され、長州藩へと落ち延びたこと。なお、7名のうち、公卿の列にあるのは、三条実美三条西季知の両名だけであることから、二卿五朝臣といった言い方もある。同月24日には、彼らの官位が剥奪され、さらに、同年9月9日、彼らの諱はそれぞれ、( )内に改めさせられる。三条実美(実)、三条西季知(知)、四条隆謌(謌)、東久世通禧(通)、壬生基修(修)、錦小路頼徳(頼)、澤宣嘉(宣)。この7名は長州藩兵に付き添われて洛東にある妙法院に集結した後、兵庫津を経て、海路で長州藩三田尻港(現・山口県防府市)を目指した。途上悪天候のため、3隻のうち2隻が徳山藩徳山港(現・山口県周南市)に上陸し、ここから陸路三田尻に向かった。