スマートフォン用の表示で見る

八月十八日の政変

一般

八月十八日の政変

はちがつじゅうはちにちのせいへん

文久3年8月18日(グレゴリオ暦:1863年9月30日)に公武合体派が尊皇攘夷過激派を追放したクーデター。前年から長州藩を中心とした攘夷派勢力の活動が活発となり,この年五月の長州藩による外国船砲撃事件や,翌年8月に大和行幸攘夷親征の詔勅を発して一挙に倒幕・王政復古に突き進もうとする画策に危機感を抱いた薩摩藩会津藩を中心とする公武合体派が中川宮を擁して,朝議を覆し長州藩と急進派公卿七名など(七卿落ち)を一挙に朝廷から追放したもの。