周倉

一般

周倉

しゅうそう

黄巾賊張宝の元配下。三国志の英雄(?〜219年)

曹操のもとを辞し、劉備のもとへ向かう途中に関羽と出会い、以後関羽の腹心となる。

荊州で関羽が呉に討たれて戦死したと知ると、後を追って自害した。

周倉正史には登場せず、後世の創作であると思われる。

しかし関帝廟では、関平と共に関羽の侍神となってその名を残し続ける。