春山行夫

読書

春山行夫

はるやまゆきお

詩人。ダダ・未来派シュルレアリスム・フォルマリスムのすべてに感応。「詩と詩論」「セルパン」「雄鶏通信」の編集者としての評価も高い。また、生活文化への探究は、近年博物誌に結実する。


1902年(明治35年)名古屋市東区の輪出用陶器の製造をしていた家に生まれた。

名古屋市立商業を中退後は詩作に専念し、1922年(大正11年)には井口蕉花らとともにモダニズム詩誌「青騎士」を創刊、1924年(大正13年)には第一詩集『月の出る街』を上梓している。同年にやはり名古屋出身で惜しくも30歳の若さで夭逝した画家・松下春雄(1903-1933)に誘われて上京、1928年(昭和3年)に、瀧口修造の未完の詩論『詩と実在』をはじめ、西脇順三郎上田敏雄、北園克衛らの論考が掲載され、日本へのシュルレアリスムの移植、定着に決定的な役割を果たすことになる季刊誌「詩と詩論」を創刊し、編集に携わっている。