緒方耕一

緒方耕一

(スポーツ)
おがたこういち

プロ野球、読売ジャイアンツの選手。
右投両打、ポジションは外野手・二塁手。背番号は44番。

1968年9月2日生まれ。熊本県出身。
熊本工では1番遊撃手を務め、3年生の春夏連続で甲子園に出場。
1987年、ドラフト6位で読売ジャイアンツに入団。入団後スイッチヒッターに転向。

1988年、イースタンリーグのタイ記録となる1試合6盗塁を記録し、盗塁王となる。

1989年、一軍に上がり、主に中堅手、二塁手として出場。

熊本工時代の二年先輩である井上真二とは、熊工コンビと呼ばれるほど、メディアから大きく取り上げられ、とりわけ若い女性から人気があった。

同年、プロ入り初ホームランをランニングホームランで飾る。1番打者として、リーグ優勝、日本一に貢献した。

俊足以外に打撃も向上し、1990年、初の盗塁王を獲得。リーグ連覇に貢献。

1993年、24盗塁で二度目の盗塁王。

1994年の日本シリーズ第5戦では、日本一を決定付ける満塁本塁打を放った。

しかし、その後はアキレス腱の故障や腰痛などにより満足なプレーができなくなった。

1998年、30歳の若さで現役引退。


引退後はTBSの野球解説者に就任。

2002年、読売ジャイアンツの二軍外野守備・走塁コーチに就任。

2003年、退団。退団後はTBSの野球解説者に復帰。

マスターズリーグ・札幌アンビシャスの選手としても活躍。


2006年、読売ジャイアンツの二軍守備・走塁コーチに就任し、復帰。


自身を一軍に導いた藤田元司を尊敬しており、藤田が監督として着用した73番をコーチとして背負っている。

新着ブログ: 緒方耕一