勝ち越し

  1. 元々は相撲用語。白星の数が黒星を上回る事。幕内・十両で1場所8勝以上(幕下以下の場合は4勝で勝ち越し)を上げると「勝ち越し」となる。勝ち越す度数*1につき力士給金(一般で言う加算給のようなもの)のベースが上がることから、「給金直し」とも呼ばれる。勝ち越しをかけた相撲を「給金相撲」と呼ぶのもこれが語源。逆は負け越し
  2. 同点からリードを奪う事。特に追いつかれた後再びリードする場合に使用。

*1:勝ち数から負け数を引いた値。たとえば9勝6敗の場合は、9-6=3で「3点勝ち越し」。