勝呂壽統

スポーツ

勝呂壽統

すぐろひろのり

プロ野球選手・指導者。本名「勝呂博憲」。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は38→25→5→0番。


1963年9月23日生まれ。千葉県出身。

千葉商業高校から日通浦和を経て、1987年読売ジャイアンツに5位指名を受ける。

一時は社会人野球の関係で入団を拒否していたが、シーズン終了後に入団。

1年目の1988年より、開幕から一軍に定着。89試合に出場し遊撃手の定位置を確保。

呂明錫?と共に人気を博した。

しかし、打撃面が伸び悩み、1989年の中盤からは川相昌弘に定位置を明け渡す。

以降、2軍生活が続き、1992年、熊野輝光?との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍。

1993年、「壽統」に登録名を変更。持ち前の守備力の高さで遊撃手に定着。

1995年、自己最多の117試合に出場しリーグ優勝に貢献。

1996年は打撃が不調だったものの、古巣・読売ジャイアンツとの日本シリーズ日本一を決めた試合に出場し活躍。

1997年、金銭トレードで近鉄バファローズに移籍。

守備固めとしての出場がほとんどであったが、存在感を遺憾なく発揮した。

1999年、現役引退


2000年、近鉄バファローズの二軍守備走塁コーチに就任。

2003年、王貞治に招聘され福岡ダイエーホークスの内野守備コーチに就任。

打球を真上に打つノックなどで、コーチとしての役割を果たし、チームの優勝を支えた。

しかし、2004年のプレーオフ第2ステージ第5戦において、

三塁ベースコーチとしての判断が走塁ミスを誘発し、敗戦の原因となったため、二軍に降格となった。


2005年、二軍内野守備走塁コーチに転任。

2006年、退団。