小宮豊隆

読書

小宮豊隆

こみやとよたか

1884-1966。ドイツ文学者文芸評論家

東京大学在学中に夏目漱石の知遇を得て、高浜虚子寺田寅彦らとともに「木曜会」に出席。生涯漱石を敬愛し、全集刊行に従事し、その文学性を考究。世阿弥芭蕉の研究家としても知られる。

明治44年「中村吉右衛門論」を発表したことで、演劇評論家としても名を馳せた。二代目左團次自由劇場の批評をめぐって小山内薫と論争した。大正5年の漱石の死を機に演劇評論からは離れたが、終生、初代吉右衛門と親交を結んだ。東京音楽学校の校長を昭和21年から24年まで勤めた。



中村吉右衛門 (岩波現代文庫―文芸)