小山正太郎

一般

小山正太郎

こやましょうたろう

1857-1916 洋画家。現在の新潟県で生まれ、明治4年政治家を志して上京するが、同年、川上冬崖?の主宰する画塾聴香読画塾に入る。

明治9年工部学校が開設されると同校に入学、やがて助手に。明治11年11月、絵画教師だったフォンタネージの後任となったフェレッティーの教授法に不満を抱き、仲間と共に退学して十一会を結成。明治23年にはフェノロサ岡倉天心たちの洋画排斥論に反対し東京高等師範学校を解任されている。しかし小山を支持する弟子たちは多く、黒田清輝明治26年にパリから帰国するまでの冬の時代を持ちこたえている。

明治33年にパリ万博の出品監査委員となり、文部省より図画教育取調の命を受けて渡欧、その帰りにロンドンで偶然、夏目漱石と同じ下宿に滞在している。

小山の弟子には中村不折、満谷国志郎?鹿子木孟郎などがいる。