小林銅蟲

マンガ

小林銅蟲

こばやしどうむ

日本の漫画家。id:negineesan。

大学卒業後、漫画家の宮塚タケシに師事、アシスタントとして活動を始める。2005年より漫画「ねぎ姉さん」を発表(当初はあやしいわーるどに、後に自身のサイトにアップする形で公開)。1000話を超える作品を発表し続けている。

2013年より漫画家松浦だるまのチーフアシスタントを勤めるかたわら、2013年から2014年にかけて裏サンデーで巨大数をテーマにした漫画「寿司 虚空編」を連載。もともと2ちゃんねる数学板の「巨大数探索スレッド」シリーズの住人であった小林は、その中で様々な巨大数や、ふぃっしゅっしゅ氏が考案した巨大数「ふぃっしゅ数」に関して探求を進めるとともに、巨大数の情報サイト「巨大数研究室」を2003年に開設。時を経て2013年より巨大数をテーマにした漫画を発表するに至った。

2014年pixivコミックで「さいはて -Daydream Attractor-」連載開始。第7話にて「寿司 虚空編」とクロスオーバーし、以降はpixivコミックで「寿司 虚空編」も同時に連載されている。

2016年、松浦が「累」を連載するイブニングにおいて自身も食漫画「めしにしましょう」の連載を開始。松浦の仕事場での料理体験をモチーフに描かれている。