スマートフォン用の表示で見る

昭憲皇太后

一般

昭憲皇太后

しょうけんこうたいごう

嘉永二年(1849年)四月十九日〜大正3年(1914年)4月11日。

左大臣一条忠香の三女・勝子(まさこ)としてご誕生。

慶応三年(1867年)四月十八日、新帝の女御となる。

明治元年十二月二十八日(1869年2月6日)、立后。名を美子(はるこ)と改める。

大正3年(1914年)4月11日崩御。同年5月9日、「昭憲皇太后」と追号

陵墓は伏見桃山東陵。

明治天皇皇后大正天皇皇太后。社会事業の振興に熱心で、女子のための学校設立日本赤十字社の発展に寄与。和歌にも優れ、生涯で3万種以上の和歌を詠んだという。