スマートフォン用の表示で見る

松くい虫

動植物

松くい虫

まつくいむし

 昭和22年頃から使われている言葉で,最初は松の枝や幹に穴をあけてもぐり込み樹皮の下を食べる甲虫類の総称でしたが,現在では松の集団枯れに深く関わっているマツノマダラカミキリを指す。