スマートフォン用の表示で見る

上海人形

ゲーム

上海人形

しゃんはいにんぎょう

元々は同人弾幕ゲー・東方シリーズに登場するキャラクター、アリス・マーガトロイドが使用したスペルカード咒詛「魔彩光の上海人形」から来ている。その後、東方永夜抄にて使い魔として「上海人形」が登場している。東方萃夢想アリス立ち絵に出てきてからは二次界隈でキャラとして個別化し始め、東方最萌トーナメント2出演によって完全に個別化。確固したキャラクター像が出来上がり、一躍人気キャラになる。気をつけたいのは、原作中の上海人形とはアリススペルカードの一つ又は使い魔の一つのゲーム中の表示名であり、人形につけられた個別の名前とは限らない。

二次での喋り方は、基本的には片言で「シャンハーイ」、「ガンバッタヨー」といった感じで会話する。

公式でも、地霊殿アリスの人形には「バカジャネーノ?」「ヤケドスルヨ」といった片言の台詞がある。

感情等の有無に関しては、操縦主のアリスは全て自分で操っているものだと語っている。一方で明らかに意志をもっている事を思わせる描写が書籍東方三月精ではなされたり、周囲の人間に操っている事を疑われる事もある。半自律の人形もあることから実際どこまでがアリスの操作によるものなのかは明確ではない。

東方永夜抄での赤い服と羽根のある描写と萃夢想での首吊りから画像の絵は上海ではなく蓬莱では?

という説もある