上村健一

スポーツ

上村健一

うえむらけんいち

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダーセンターバック)。

1974年4月22日生まれ。熊本県出身。身長180cm、体重74kg。

広島県立松永高等学校から1993年サンフレッチェ広島に入団する。通算出場試合数222試合、38得点。

略歴

1993年ニコスシリーズ第1節浦和レッズ戦(ホーム)でJリーグデビュー。じん帯断裂などの負傷の影響で1994年サントリーシリーズにおけるチーム初優勝には十分な貢献は出来なかった。だが腰の低いマーキングとヘディングの強さを武器に台頭しチームでレギュラーを掴む。1995年にはアトランタオリンピック代表に選出され、1996年アトランタ五輪ではグループリーグ第3戦ハンガリー戦の後半44分にCKから同点ヘッドを決める。

その後フル代表にはあまり縁が無かったが、サンフレッチェ広島では不動のレギュラーとしてチームに貢献。スチュアート・バクスター監督時代の栄光、ビム・ヤンセン監督時代の低迷、故エディ・トムソン時代の雌伏ヴァレリー・ニポムニシ監督時代の快進撃、ガジ・ガジエフ監督〜木村孝洋監督時代の迷走・J2降格、そして小野剛監督時代のJ1昇格など、サンフレッチェの歴史の全てを経験してきた選手。名実共にサンフレッチェ広島の「顔」と呼べる存在だった。

しかし2003年末、チームとの強化方針の違いから2年契約の2年目を打ちきり、セレッソ大阪レンタル移籍した。

2005年からは東京ヴェルディ1969へ移籍。だがここでもサンフレッチェ時代に続き自身2度目となるJ2降格。2006年10月に関東社会人リーグのY.S.C.C.へ移籍。

2007年にはJFLロッソ熊本へ移籍、チームのJ2昇格に貢献した。

2008年シーズン限りで現役引退