上代日本語

一般

上代日本語

じょうだいにほんご

奈良時代およびそれ以前に使用されていた日本語。『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』、各国の風土記のうち書写年代が古く後世の改変の少ないものがよく用いられる。また戸籍・計帳や消息などの文書などもあるが僅かな量しかない。