スマートフォン用の表示で見る

城代家老

社会

城代家老

じょうだいがろう

日本の江戸時代に城を保有していた大名の留守中、城主である大名に代わって城を守り、政務を行っていた家老のこと。ちなみに、家老のうち、城代家老国家老の両方を置いている場合、城代家老のほうが格上であるのが通例であった。